個性的な6チームが半年間戦う麻雀リーグ 

第4期成績

7/11 第1節


男塾グループのスポンサードを得て、第3期までの「(仮)」を外すことになった新生「飯田橋リーグ」。その第1節では女性雀士6名が参加する華やかなスタートとなった。
 銀次チームのれなさんは第2期では+300pオーバーを稼ぎ個人総合2位にも輝いた実力派。今回も4戦打って1-2-1-0という堅実な成績で個人2位となって賞状を獲得した。
 また、個人優勝となったのはアルバンチームの浅野博通さん。後半2回の出場で連勝を果たし+116.2p。ただ、チーム成績は何と最下位。まだ始まったばかりで、かつ1位チームのプラスが55.4p。各チームの点差は小さいので当然ありうる結果ではあるが、意外な結末に驚いた。
 ただ、前期もアルバンチームは前半3か月ぐらいは最下位で低迷しながら、そこから一気に盛り返し最終的には3位となったほど力のあるチーム。今期もきっとどこかで巻き返してくるにちがいない。
 

7/25 第2節


 

  飯田橋リーグは、1節半荘4回戦。前半2回を同一メンバーで打ち、そこでメンバーを組みかえた後、後半の2回を同じメンバーで打つことになる。変わった部分としては「2回とも同じ並びで打つ」ということ。上家下家の並びを変えず、2戦目は起家マークを対面に移すことにしている。まず同一メンバーで2戦戦うことにしたのは運営上の理由から。毎回メンバーを交代すると、一番遅い卓が終わるまで次の戦いに入れないからだ。早い卓が30分で終わって、その後30分近く待つというのは選手によっては気持ちが緩んでしまうかもしれない。とりあえず2回続けて打った方が、時間的にも効率が良いだろうということでこのシステムにした。そして、並び順を変えないのは「全てのチームが東家・南家・西家・北家になる回数を均等にするため」である。時間打ち切りのある麻雀は、どうしても北家が損をしてしまう。場所決めというランダムな決め方だと、偏りが出てしまう可能性もあるからだ。少なくとも1期半年戦えば、その回数は全チーム同じになるのが平等というものだろう。
 さて、今回は番長チームが2人で8戦5トップと大暴れ。当然ながら個人1位も番長チームのポリエステル番長が獲得した。チーム成績も4位から一躍首位に躍り出る。銀次チームは首位から2位へ後退したものの、ポイントは微増している。安定感ではやはりこのチームが最右翼なので、今後も堅実にプラスを伸ばしていくのではないだろうか。

8/7 第3節


 
 
Coming Soon

 

8/22 第4

9/11 第5

9/24 第6

10/9 第7節

10/24 第8節

11/7 第9節

11/20 第10節

12/11 第11節

12/25 第12節

リーダー戦(ポイント倍)